円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話していきます。

如在(にょざい)

先月(6月18日29日)、「仏心(ぶっしん)」の話をしました。

お盆の13日夕刻、迎え火を焚きます。
私たちは「ご先祖」と呼んだり「祖先の魂」と言ったりしますが、要はこの仏心をお迎えするのです。
お盆の間は、あたかもいますが如く一緒に過ごします。
そして16日夕刻に送り火を焚いて、また送り出します。

いますが如く」——このことを如在(にょざい)と言います。
お盆は、亡くなった過去の家族(ご先祖様)も、現代の家族も、未来の家族(お子様やそれに続くご子孫の皆様)まで含めて、皆が集まって自宅で倶(とも)に過ごす行事です。
 

来週は、お盆についてお話します。
 

コメントはまだありません