円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話していきます。

お盆の時期〈1〉

昨日は、盂蘭盆会(うらぼんえ)のお話をしました。

亡き母が餓鬼の世界で苦しんでいることを知って悲しむ目連尊者に、
「毎年、安居(あんご)が明けた時(最終日は7月15日)にお坊さんをたくさん招き、父母や祖先を思い起こして供養しなさい」
とお釈迦様は説きました。
この盂蘭盆会(ウラバーナ ullmbana)が、古来より日本にあった祖霊信仰と重なり合って、「お盆」と言われる期間、ご先祖様のために供養する風習が定着してゆきました。

明治5年までのお盆は、7月15日(旧暦)に行なわれていました。
明治の改暦後、7月15日のまま新暦で行なうことにした地域は「7月盆」です。
一方、旧暦と新暦では約1か月のズレがあるといって、月遅れの新暦8月15日に変えた地域は「8月盆」になりました。
さらに、新暦にも月遅れにもせず、旧暦に合せた日付(毎年変わる)でお盆行事を行なっている「旧盆」の地域もあります。

今は3分の1ぐらいの地域が7月に、3分の2ぐらいの地域が8月に行なっています。
雲頂菴の地元では、8月にお盆を行ないます。
 

——引き続き明日も、この話をします。
 

コメントはまだありません