円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話ししていきます。

行事について

お焼香にこめる思い

7、8月はずっと、「お盆」にまつわる話をしました。 お盆やお彼岸など、毎年当たり前のようにやっていることでも、…続きを読む >

お盆の思い出

私は小学生の頃から、お葬式の手伝いなどをずっとしていました。 普段は一人で行くことなどなかったけれど、お盆の時…続きを読む >

お盆という行事

私は、幼稚園から小学校の前半、お盆の時期にはずっと父の郷里である富山へ行っていました。 要するにその時期、寺は…続きを読む >

お盆の修行

お盆の期間、私は何軒ものお檀家さんのお宅へうかがい、朝から晩までお経を繰り返し唱え続けます。 ですからこの時期…続きを読む >

お盆の供養

お盆の供養は、家族の絆を確認する上でも、貴重な時間じゃないかなと思っています。 地方によっては、農繁期を避け、…続きを読む >

施餓鬼(せがき)とお盆

「施餓鬼(せがき)」とは、餓鬼道に堕ちてしまった一切の衆生に施(ほどこ)しをするということです。 この施餓鬼と…続きを読む >

お盆の時期〈2〉

私たちの地域では、8月13日の夕刻に迎え火を焚いて祖先の魂をお迎えし、16日夕刻の送り火によって送り出します。…続きを読む >

お盆の時期〈1〉

昨日は、盂蘭盆会(うらぼんえ)のお話をしました。 亡き母が餓鬼の世界で苦しんでいることを知って悲しむ目連尊者に…続きを読む >

盂蘭盆会(うらぼんえ)

「お盆」のことを、私たちは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。 この言葉はもともと、「ウラバーナ(ullmb…続きを読む >

如在(にょざい)

先月(6月18日/29日)、「仏心(ぶっしん)」の話をしました。 お盆の13日夕刻、迎え火を焚きます。 私たち…続きを読む >