円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話ししていきます。

今日のことば

如在(にょざい)

先月(6月18日/29日)、「仏心(ぶっしん)」の話をしました。 お盆の13日夕刻、迎え火を焚きます。 私たち…続きを読む >

一生は「夢」

大徳寺の住持を務めたこともある沢庵(たくあん)※和尚が、その死に際、弟子たちへ最期に遺した言葉は「夢」だったと…続きを読む >

すべては「空(くう)」〈4〉

すべては「空」なのであれば、私たちの命も「空」ということになります。 人は、その両親の宿縁が熟し、人として生ま…続きを読む >

すべては「空(くう)」〈3〉

お経には、何が書いてあるのか? 実は、たくさんの長いお経も、煎じ詰めれば、すべては「空」ということを言っていま…続きを読む >

すべては「空(くう)」〈2〉

私たちが普段読むお経は、数えるほどしかありません。 でも経典は、人が一生かけても読めないぐらいたくさんある。 …続きを読む >

すべては「空(くう)」〈1〉

お経は、父の膝の上で憶えました。 ですから、経本や経典から憶えたのは、ほんのわずかです。 私が子供の頃は、私よ…続きを読む >

遅八刻(ちはっこく)〈2〉

私は、幼稚園くらいの歳からお経を耳で憶えてきました。 そして中学生までには、日常読むお経はほとんどひと通りそら…続きを読む >

遅八刻(ちはっこく)〈1〉

私の師匠である父親は、厳しい人でした。 しかし厳しく接してもらえたから、自分自身で何かを考え、やらざるを得ませ…続きを読む >

おのれこそ おのれのよるべ

お釈迦様の生前中、じかにお話になった語り言葉を書き留めたものが『法句経※(ほっくきょう)』だと私は聞いています…続きを読む >

自灯明(じとうみょう)・法灯明(ほうとうみょう)

お命がいよいよ危なくなり、お釈迦様は話す力も失くしていました。 そこで、心の中が観えるという弟子の阿那律(あな…続きを読む >