円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話ししていきます。

2014年12月

松無古今色(まつにここんのいろなし)

今日は掛け軸についてのお話です。 「松に古今の色無し」 朝比奈宗源(あさひなそうげん)※1/筆 いつも青々とし…続きを読む >

今日の仕事

「命の大切さ」を語ると結局、「今日を生きる」「今を生きる」ということになります。 その時その時、自分のやるべき…続きを読む >

ホスピスで…〈2〉

ホスピスで開くお話の会、最初の頃は5〜6人の時もありました。 それが、患者さんのご家族だけでなく、そういうこと…続きを読む >

ホスピスで…〈1〉

毎年12月上旬、横須賀のホスピスでお話の会を開いています。 たしかもう、15年くらいのおつきあいになると思いま…続きを読む >

言葉の重み

野球の解説者が、ピッチャーのボールを「軽い」とか「重い」などと表現することがあります。 例えば、かつて巨人に江…続きを読む >

看々臘月尽(みよみよ ろうげつつく)

今日は掛け軸についてのお話です。 「看よ看よ 臘月尽く」 朝比奈宗源(あさひなそうげん)※/筆 出典は、中国南…続きを読む >

ぶれない軸

私のイメージとして、よく「ぶれない軸」というお話をしています。 雲頂菴という軸があり、その芯のまわりを同心円上…続きを読む >

現代の担い手

寺を守る住職として、開山忌をはじめ伝統的な仏事や儀式を執り行なうことは大事な役目です。 「儀式なんて、あまり意…続きを読む >