円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話ししていきます。

振空拳 求実効(くうけんをふって じっこうをもとむ)

今日は掛け軸についてのお話です。 これから月に2回くらい、軸についての話をしていきたいと考えています。 10月…続きを読む >

「生死一如」の世界

雲頂菴のホームページをリニューアルしてから、そろそろ1か月がたとうとしています。 初日にふれた「生死一如(しょ…続きを読む >

「きっかけ」をつくる

お寺は、「亡くなった過去の人の事ばかりやっている」「未来を見ていない」などといった印象をもたれがちです。 でも…続きを読む >

不安な心はどこにある?

達磨様が中国へ渡った頃、仏教はすでに伝わっていました。しかし、「悟りを得た」と納得できていない人が、実はたくさ…続きを読む >

達磨大師と梁の武帝

昨日10月5日は、達摩忌(だるまき 禅宗初祖・達磨大師※ご命日の法要)でした。 開山様(無学祖元 むがくそげん…続きを読む >

無学祖元が伝えたこと

北条時宗に招かれて南宋から日本に来た開山様(無学祖元)は、無準師範(ぶじゅんしばん)※の弟子で、非常に有能な人…続きを読む >

円覚寺開山忌

今週の金曜日(10月3日)、円覚寺では開山忌が行われます。 円覚寺の開山・無学祖元(むがくそげん)のご命日で、…続きを読む >

乗り越える力

お彼岸の前、9月17、18日に、円覚寺中興開山・大用(だいゆう)国師の生誕地である愛媛県宇和島へ行き、ゆかりの…続きを読む >

片寄りのない生活

「中庸(ちゅうよう)」の教えに基づいた生活を送るため、六波羅蜜(ろっぱらみつ)という六つの道があります。 (1…続きを読む >

お彼岸の季節

  「暑さ寒さも彼岸まで」と言います。 お彼岸のお中日(春分・秋分)は、昼と夜の長さが等しい日で暑く…続きを読む >