円覚寺 塔頭 雲頂菴

菴主の話

雲頂菴という寺を守る住職として、日々考えていることをお話ししていきます。

遅八刻(ちはっこく)〈2〉

私は、幼稚園くらいの歳からお経を耳で憶えてきました。 そして中学生までには、日常読むお経はほとんどひと通りそら…続きを読む >

遅八刻(ちはっこく)〈1〉

私の師匠である父親は、厳しい人でした。 しかし厳しく接してもらえたから、自分自身で何かを考え、やらざるを得ませ…続きを読む >

仏前結婚式

私はめったに宣伝というものをしません。 でも、仏前結婚式はいい! 最近、この結婚式だけは宣伝しています。 実は…続きを読む >

杜鵑枝上月三更(とけんしじょう つきさんこう)

今日は掛け軸についてのお話です。 「杜鵑枝上月三更」 朝比奈宗源(あさひなそうげん)※/筆 拡大する 杜鵑(と…続きを読む >

祈りが心の芯となる〈2〉

自分が信じられるものに対し、しっかりとした拠りどころを求めて祈る。 例えば「坐禅」というのは、お経を読んだり、…続きを読む >

祈りが心の芯となる〈1〉

自分や家族のことで思うようにいかないことが起きた時、まわりの人が、その不安な心をくすぐってきたり、キュッと突い…続きを読む >

失って初めて気づくこと

月曜日にふれた、あるお通夜の晩の話に戻ります。 亡くなったご主人は、生前からお寺によくおいでくださっていました…続きを読む >

単調な毎日〈3〉

朝、寺の庭掃除をしながら、外のトイレ掃除もやっています。 禅寺では、トイレのことを「東司(とうす)」と言います…続きを読む >

単調な毎日〈2〉

私は、朝起きたら顔を洗って、まず仏様のところに行きます。 そしてお水を替え、ご飯が炊き上がったら、それを差し上…続きを読む >

単調な毎日〈1〉

大型連休が終わり、いつもの日常生活が戻ってきました。 さて、あるお通夜の晩、長年連れ添ったご主人を亡くした奥さ…続きを読む >